所在地 047-0152
北海道 小樽市 新光2丁目21-25 (MAP)
営業案内
  • [月・木・金] 11:30-14:30(LO:14:00)
  • [土・日・祝日] 11:30-20:00(LO:19:30)
  • 定休日:火・水(祝日の場合営業)
    ※スープ無くなり次第終了。
  • 電話番号
    お問合せ こちらをクリック
    5つのアクション!!
     おはよう〜。昨日は神奈川県・栃木県・北海道の岩内町とお盆期間でもあり地方からのお客様が多かったです。岩内からの常連さんは、いつもご家族で来られます。お嬢様が中学生になり身長も伸び、最初に店内に来店された時を思い起こし随分と成長したな〜!と子供から夏の少女へ変身したかの様で私も見間違う程でした。また栃木県のお客様はカップルで自家用車に乗り北の国からで有名な富良野や富田農園のラベンダー畑と観光して、楽しみにしていた小樽アバンティで念願のスープカレーを食べて大満足されてました。食べた後は小樽市内を観光してから札幌に寄り苫小牧を観てフェリーで帰りますとの事で、どうか安全運転で無事に帰れます様に願って見送りました。皆様ご来店有難う御座いました。心から感謝申し上げます。話は変わり日本の食糧基地である北海道を泊原発の3号機運転再開と絡めて考えないといけない現状を道議会議員は、どう捉えているのか?北海道で万が一泊原発から放射能汚染が海水・水・空気と広がったら想定外とか甘かったなどでは済まなくなります。国内と海外の観光客と北海道の大地の恵みであり世界で1番安全な農水産物が風評被害で北海道全体の事として捉えられ流通しなくなります。急には無理でも自然エネルギーに軸足を移動させる道筋を今から付けるべきでしょう。また食糧自給率が低迷していますが7割は国民である私たちでも出来る事があります。食糧自給率は、ただ単に作れば向上する単純なものでなく消費が伴わないと生産性は上がらないのです。ここに食糧自給率を上げる為の5つのアクションがあります。1番目は、最も適した時期に無理なく作られる味も栄養もあり体にも環境にもやさしい今が旬の農産物を食べる事です。2番目は、今私たちが住んでいる地元の食材を食べて地元の農家さんを応援する事です。3番目は、ご飯を中心に季節の野菜を使った食事を心がける事です。4番目は食べ残しを減らす事です。食糧の無駄を減らす事は食糧輸入を減らして国の経済を助ける一助になります。5番目は農林水産省で掲げる様々な農水産物の自給率向上の為の取り組みを試して応援する事です。地元の生産者さんの作る野菜や加工品を使い食べて応援する事です。以上が5つのアクション(フードアクションニッポン)ですが私たちが出来る事から始めましょう。

    コメント
    コメントする








       

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    自己紹介
    店長画像
    小樽で20数年、業務用冷凍食品の企画・製造・販売を手がける(有)丸克商会の代表取締役。 スープカレーの老舗の味を守りながら、中華風、イタリア風と新たなジャンルを開拓する [本格スープカレー 小樽アバンティ]のマスターでもある。観光の街である小樽に根ざしたスープカレー屋さんとして、支持されている。
    最近のエントリー
    月別
            
    カテゴリー
    最近のコメント

    このブログを検索

    mobile

    qrcode

    rss

    http://otaru-avanty.jugem.jp/?mode=rss